【勉強法】海事代理士

海事代理士とは

他人の委託により、国土交通省や都道府県等の行政機関に対して、船舶安全法、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律、船員法、船舶職員及び小型船舶操縦者法などの海事関係諸法令の規定に基づく申請、届出、登記その他の手続きをし、又はこれらの手続きに関する書類の作成を業とする者です。

合格率は?

合格率は、筆記試験が48.9%、口述試験が98.1%となっています。

勉強法

過去問集は解答がありません


ですので海事六法を片手に勉強します。過去問集に赤字で小さく解答を自分で書き込んでいきます。口述試験は口述過去問だけでは量が足りないので、より広い範囲の知識を定着させるために筆記試験の過去問ももう一度目を通していきます。口述は約9割が受かります。